• このエントリーをはてなブックマークに追加

メリットがある3dプリンターでの試作サービスの導入

3dプリンターでの試作サービスを導入すると、通常では加工用ジグの製作を含めて1ヶ月近くかかる複雑形状の構造物を1週間でできるなど、製作期間を大幅に短縮できます。また、3次元データを作るだけでよいので、導入作業は簡単です。
用途は、企画時に、完成イメージを明確にできます。通常は紙に印刷した2次元画像を使いますが、実際の製品が2次元イメージと違うことがあります。立体模型を製作して完成イメージを共有すると、製品も同じなのでイメージのずれは発生しません。また、内部構造や動作状況を確認するため、短期間・低コストででき、開発スケジュールの短縮をはかれます。最近、開発が進んでいる金属用はブロックから加工するよりも強度を強くできます。また、ガラス用は多光子吸収などを使って、内部だけ穴をあけたりできるため、ジグを使わずに製作ができるようになりました。

3dプリンターとはどんな装置でしょうか

3次元データの形状を、樹脂や金属、セラミックスやガラスを造形する方法です。2次元の層を重ねる積層法や、樹脂を紫外線で硬化させる光造形法、熱で溶かした樹脂を積み重ねるFDM法があります。また、粉末を焼結する方法や、光を1点に集中させて対象物をとかす多光子吸収による加工などがあります。最近、話題になっているのは、金属用で、通常のブロックは周辺と内部で冷える速度が異なるため、組成のばらつきがありました。積層法を使うと、各層が同じ速さで冷えるため、機械強度が増すなどのメリットがあります。
最近は、卓上タイプや低価格モデルが多数発売され、試作サービスに頼らず、自社で装置を購入する企業も増えてました。使用できる素材の種類も増えており、ゴムなども造形が可能になりました。

3dプリンターで試作するために必要なこと

3次元データが必要となります。データのフォーマットは複数あり、stepやigesが有名です。これらのデータの仕様も重要で、表示分解能が悪いと、非常に粗い部品ができてしまいます。また、部品の加工精度は装置の性能によるため、指示できないので注意が必要です。精度が必要な場合は、事前に打ち合わせを行い、装置や製作方法を選ぶ必要があります。積層タイプよりも光造形の方が精度が良い傾向があります。また、使用できる素材や大きさも事前に打ち合わせが必要です。特に企画などで完成イメージに近づけたい時は、色も合わせる必要があります。素材であわせることができない場合は、塗装するなど2次工程をつけます。部品が大きすぎる場合は、大きい装置を使うか、部品を2つに分けて組立ができる機構をつける必要があります。

ウェブサイトから自動見積もり、インターネットからのお申込みも承っております。 金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 NHK総合テレビ「超絶 凄ワザ! 3Dデータ作成~3D測定まで、試作支援いたします。 25年以上のノウハウでサポート。 3Dプリントを活用することで実現する物流を支援します。 」で放映されました。 3dプリンターの試作サービスしてます