確定申告税理士とはどのような仕事をするのか

確定申告税理士

税理士は税務においての専門職です。国民の義務である納税について、一般人は決して詳しくありません。所得税の確定申告は頭を悩ませる作業でもあります。中でも個人事業主の方は毎年確定申告が必要のため、手続きや申告書の記入など雑務に追われてしまいます。そのような方々の力になるのが確定申告税理士です。分からないことの相談はもちろんのこと、確定申告に関わる作業のサポートをしてくれます。個人事業主以外にも法人も対応してくれますので、企業としてサポートを受ける方もいると思います。確定申告は間違いやすい点がいくつかあるため、今後の確定申告のためにも帳簿の付け方などのアドバイスももらえたりします。確定申告は納めなければいけない税額を満たない場合、ペナルティを課せられることがありますので、正しく納税が出来るように税理士について詳しくご説明致します。

確定申告税理士に依頼するか悩んだら

確定申告税理士に依頼すると費用が発生します。一般の会社員や個人事業主は自分で行うことは可能ですが、法人の場合は費用を支払える経営状態ならば、依頼することで確定申告のために行う仕訳作業、帳簿作成の手間を省くことができます。また税務のプロなので申告漏れも防げます。企業の申告漏れは世間的にマイナスのイメージを与えてしまい、企業ブランドを傷つけてしまう恐れがあります。法人で確定申告を行う場合は税理士に相談をすることは企業のためにもメリットと言えます。確定申告の依頼内容によって費用が異なることもありますので、予算に合った依頼をしてみるのもいいかと思います。逆にデメリットを挙げるならば、今までの仕訳のやり方を変えないといけない場合があります。ルールを変えるということは労力が必要なのでデメリットと言えるでしょう。

確定申告税理士の仕事の範囲を説明いたします

確定申告税理士は確定申告にまつわる業務を担ってくれます。業務内容として決算日に向け確定申告書の作成、申告の手順に関するサポート、帳簿作成などです。確定申告は年に一度、所得税及び復興特別所得税といった所得にかかる税金を計算し、税金を支払う手続きです。企業に勤めている人は年末調整を行うため確定申告はしませんが、例外的に確定申告を行なうこともあります。個人事業主、法人も確定申告は行います。個人事業主は青色、白色申告の二種類あり、どちらかで申告をすることになります。法人の確定申告は複雑なため、税理士を通している場合がほとんどです。記帳をしていないと1年間分の領収書を仕訳しなければなりませんが、税理士はそのようなこともやってくれますし、税務調査が入った時なども対応してくれます。

税務顧問、決算申告、記帳代行、創業融資、クリニックのサポート、会社設立、MAS監査もします。 1社1社に女性スタッフのきめ細やかな対応します! 風俗やキャバクラ以外の法人の方ならどなたでもご依頼を承っています。 税理士のセカンドオピニオンです。 株式会社設立、全額キャッシュバックキャンペーンを行っています。 徹底した創業支援! 税務調査21件、2%未満です。 確定申告税理士をお探しの方は税理士法人YFPクレアにお任せ