• このエントリーをはてなブックマークに追加

3dプリンターの金属モデルの試作サービスについて

現在製造業の現場では様々な製品を開発するために型を作るという作業が存在しています。何かを設計して製品化を目指す際には、それらの設計を形にしてみることで試行錯誤をするというのが一般的な流れです。その様にして作り上げた型を製造業では必要としています。この型を作成して初めて様々な作業が前に進むことになるのです。 この技術はいずれ3dプリンターが担うようになると言われています。これは設計図に当たるデータがあれば、どこでも同じものを印刷と言う形で作ることが出来る技術です。現在は樹脂での作成が可能な商品が普及段階に入ってきており、様々な分野に応用されています。製造業の現場で負担になっていた型作りの作業が今後はデータで共有することが出来る時代がやってくると考えられているのです。

3dプリンターで金属を扱えるということ

最近になって3dプリンターの技術はさらに発展しています。従来は樹脂での成型が基本となっていましたが、最近では粉末金属を活用したメタル素材での成型も可能になってきています。この様な仕組みは技術的な進歩であり、普及には時間がかかると想定されていますが技術的な発展を期待させるものになっています。 金属で成型することが出来るということは非常に大きな意味を成します。これまでの様に樹脂での成型しかできない場合には様々な限界がありましたが、金属であれば強度面でも様々な応用が利きます。また通常の方法では実現が難しいモデルの成型であっても新しい技術であれば実現が可能であるということがあるのです。この様なメリットが今後大きく取り上げられて行くことになるでしょう。

試作サービスの活用と応用について

この技術を書く一般企業が所有するにはまだ時間が必要になると言えます。非常に高価な機械が必要になるため、誰でも自由に使うことが出来るというわけではないのです。しかしながら、この最新の技術を活用することが出来る方法として試作代行サービスと言うものが存在しています。 まだまだ高価で導入することが難しい場合であっても、試作品を作ることを目的とした代行サービスを利用するのであれば比較的安価なコストで実現することが出来ます。この技術を使用することによって型の作成にかかる時間と労力をカットすることが出来ますのでトータルコストで見た場合にはメリットが出てくると考える場合も増えてきているため、今後盛んに行われるようになる分野として成長していく可能性が考えられています。