知っておこう確定申告税理士選びの際の注意

確定申告税理士

毎年2月や3月になると、慌ただしく行なわれる確定申告ですが、CMなどで見た事のある人も多くいるでしょう。期限が決まっている事なので、その時期に税務署に出向いたりする必要が出てきたりします。最近では大型ショッピングモールで行なえる事もありますし、インターネット経由で提出する事も可能になってきています。会社員などで年末調整している人にとっては縁の無い場合もあるので、あまり気にしていない人もいると思います。しかし会社員でも、確定申告をすべき場面も出てきます。自営業の人にとっては、毎年この時期が苦痛だという人もいるでしょう。そういった人たちに対して、確定申告税理士という職業があります。依頼する場合にはメリットとデメリットがあります。そこで、確定申告に関する基礎知識と共におつたえしていきます。

確定申告の基礎知識を学びましょう

確定申告とは、所得に対してかかる税金の額を計算し、税金を支払う為の手続きを指します。個人の所得の計算する期間は1月1日から12月31日までの1年間です。人によっては確定申告を行う事により、払い過ぎた税金を払い戻してもらう場合もあります。確定申告が必要な人は配当所得があった人、不動産所得や事業所得、給与所得などがあった人など、さまざまです。会社で年末調整をしていれば行なわなくていいのかというと、行なう必要がある場合もあります。それは、給与収入が2000万円をこえている場合や2か所以上の会社で給与を受け取っている人、医療費控除を受ける場合や住宅ローン控除を初めて受ける場合などがあります。また、その年に退職して再就職していない場合も、確定申告をする必要が出てきます。少々面倒な手続きと感じる事もあるでしょう。そういった場合に、確定申告税理士に依頼するという方法もあります。

確定申告税理士に依頼するメリットとデメリット

確定申告税理士に依頼するメリットについて見ていきましょう。個人事業主の場合、確定申告に割く時間はかなり多いと思います。その場合は、本業に専念できるというメリットがあります。すべてお任せしているので、期限が近くなって焦るという事もありません。正確に申告してくれるので、ミスがありません。税法上の特例を活用する事で節税につなげる事もできます。経緯担当の従業員を雇うよりもコストを低く抑えられます。このように、プロに依頼する事でさまざまなメリットを受ける事が可能になります。毎年苦労したり焦って確定申告をしなくても済むという事は、年に一度の事ではありますが非常に楽になります。しかし一方で費用はかかってきます。その費用が負担となる場合も、あるかもしれません。確定申告税理士に依頼したいと考えている場合は、費用対効果を検討して決めていきましょう。