確定申告税理士に確定申告依頼の際は注意を

確定申告税理士

確定申告とは、1月の1日から12月31日までに発生した経費や所得から、所得税を計算して、税務署に申告する手続きです。所得があった人には所得税を支払う義務があります。確定申告とは、それを計算して納税する手続きのことです。納税は国民の義務なので必ず行う必要が生じてきます。ただ自分でやるにはよく分からない場合や、難しい場合には、税理士に依頼するケースもあります。確定申告税理士は、確定申告のプロですので、安心して任せられますが、もちろん依頼するには料金がかかります。税理士に確定申告を依頼する場合には、帳簿は付けているので、申告書の作成のみを依頼する場合と、仕訳から依頼する場合に分かれます。確定申告書の作成を個人事業主が依頼する場合で、かかる費用は数万円と言われています。

確定申告税理士に手続きを依頼する場合

確定申告税理士に任せると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まずはメリットです。記帳や申告書の作成に取られる時間を、本来の業務に充てられます。簿記や確定申告の知識が不足している人にとっては、確定申告に係わる作業に、かなりの時間を使ってしまうことになります。確定申告税理士に依頼すれば、本来の業務が滞ることもなく、安心して任せられます。また、申告期限が過ぎてしまうというような失敗も防ぐことができるでしょう。しかも自分で仕訳や記帳を行っていると、合っているのか心配になる場合もあります。もしも間違って、必要経費に充てられないものを計上してしまった場合、修正申告が必要になったり、過少申告税や延滞税が発生してしまうケースもありますので、注意が必要です。しかし、税理士に任せればその不安はありません。

確定申告税理士に任せるメリット、デメリット

確定申告税理士に任せることで、本来の業務に専念できたり、申告漏れや間違いを防ぐメリットはいくつかあります。確定申告に対する知識があまりない方でしたら、プロである税理士に任せるほうが良いかもしれません。しかしながら、デメリットもあります。当然のことですが、依頼するには費用がかかります。ただし自分で行う場合にも会計ソフトの購入やクラウドサービスの利用などで、費用が必要となる場合はあります。また全て税理士がやってくれるわけではありません。何もしなくてよい訳ではないのです。領収書や請求書、必要な書類や社会保険料控除などの証明書などは、きちんと保管してまとめておく必要があります。税理士に任せてしまうことで、事業のお金の動きを把握できていないというデメリットもあります。