• このエントリーをはてなブックマークに追加

3dプリンターによる試作サービスを高い技術で行う

多くの企業においては製品を製造する際にそのモデルを製造し、造形や実際の使いやすさなどを確認することが少なくありませんが、これらはあくまでもテスト用のものであるため製造する数量が少なく非常にコストがかかるものです。またその時間の様々な工程を手作業で行うため、時間がかかり製品の開発の家に大きな影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。しかし、この工程を行わないと実際に製品を製造する際に大きなトラブルを招いてしまうことが多いため企業にとって大きな悩みとなっていました。 3dプリンターによる試作サービスは、企業において大きな負担となるテスト用の製品を簡単に作ることができるほか、その技術力で高い精度を持って製造することができるため十分なテストが可能となるものが製造できます。

製品納期を大幅に短縮できスムーズなテストに貢献します

これまで試作品を製造する際には数量が少ないため非常にコストがかかる上、すべて手作業で作らなければいけないため非常に時間がかかることが悩みとなっていました。最近では製造納期や製造コストをできるだけ削減することが他社との競争に勝つための重要な要素となっている中で、この問題は非常に大きなものとなっています。3dプリンターは簡単に精密なモデルを製造することができるためコストと納期を少なくでき開発納期を短縮することに大きく貢献します。その上、制度を品質が非常に高い上何度でも同じ制度で製造することができるので複数台の製造においても非常に有利です。さらに最近では金属によるプリントもできるようになっていることから、実際のテストをより製品に近い材質で行うことも可能になり、高い品質を生み出すことができます。

設備負担を減らし開発コスト低減ができます

3dプリンターによる試作サービスは設備負担を減らし開発コストを低減するためにも非常に有効です。最近ではこれらの装置を自社で導入する企業も増えていますが、現場ではその機器の購入費用非常に高額であり、自社で所有するには減価償却の面で決して効率的なものとは言えません。また精度の高い製品を製造するためには操作するための熟練した技術が必要になるため、購入してすぐに精度の高い製品を製造できるわけではないと言う点も大きなポイントです。 このサービスを利用することで自社で購入する場合に比べそのコストを大幅に削減できるのか、人件費や操作のための教育等の面においても大幅にコストを削減できるため、そのコストを製品開発に充てることが可能で充実した製品開発を短い期間で行えるようになるのが大きなメリットです。